Sakura Fujiwara | 朝霧JAM 2018 | 2018.10.07

「かわいい」だけじゃない「Just one girl」

台風25号の影響で豪雨と強風に見舞われた一日目から一転、富士山がくっきりと見えるほどの晴天で始まった二日目の朝霧JAM。先月EP『red』をリリースし、全国ツアー『Sakura Fujiwara tour 2018 yellow』をスタートさせた藤原さくらがレインボー・ステージに出演した。

最前列のオーディエンスは男性陣が多めかと思いきや、そこは朝霧JAM。小さな子どもや家族、若いカップルの姿も見える。

バンドの機材がステージに並んでいるが、まずは「こんにちは」 と藤原さくら一人でアコースティックギターを持って登場。ピーター・ポール&マリーのカバー曲で忌野清志郎が訳詞した“500マイル”の弾き語りで演奏がはじまった。しっとりとした声が朝霧アリーナに響く。

その後、今回のツアーをサポートしているメンバーが登場。ギターは関口シンゴ、ベースはShingo Suzuki、そしてドラムスは最新2枚のEPのプロデュースを行い、このあと同ステージにも出演するmabanua。つまりOvallのメンバー+キーボードの村岡夏彦が揃うという贅沢なバンド・セットだ。

この日は新曲を中心に全7曲を演奏。藤原さくらのスモーキーな声は晴天の朝霧JAMにピッタリだ。MCでは「ずっと朝霧JAMに出演するのが夢だった」と話し、オーディエンスから温かい拍手が贈られる場面もあった。

短めのセットだったからか、代表曲の“Soup”や“かわいい”を聴くことができなかったのは寂しく感じたが、それらを含め、またいつか朝霧JAMに出演してほしいと思わせられた40分間のライヴだった。

Sakura Fujiwara | 記事一覧

Text by Shinya Arimoto
Photo by Shinya Arimoto