KING BROTHERS | 大阪 UMEDA CLUB QUATTRO | 2019.01.01

新春に見たその求心力

「明けましておめでとうございます、眠いのか?眠いの我慢して奮い立たせてフロアにおいでよ大阪!そこの階段の上は2018年、この景色を見て2019年が始まったんだと思ってください、ロックンロール!」

今年10年目を迎えた年越しライブイベント『KINDAMA’18-’19~謹賀魂~』の大トリに現れたキングブラザーズのマーヤはそう叫んだ。セックスマシーン!!、超能力戦士ドリアン、ニガミ17才、ビレッジマンズストア、MUNA SEA等とイベントの出演者、見渡す限り気持ちいいくらいのアウェイ感に満ちている。しかし、ライブは観客に向かって放たれるもの。キングブラザーズの求心力の凄さに触れる2019年の幕開けだった。

新年が明けて深夜1:30初っ端から彼らは「マッハクラブ」でフロアをかき乱す。マーヤ(G/スクリーム)は瞬く間にクラウドサーフしながら、フロアの上段に上がり、後方の客に手招きしたかと思うと両腕で突っ立つ観客を巻き込んで、次々とフロアに降ろしていく。両腕を挙げ「ニ・シ・ノ・ミ・ヤ」と高らかに叫ぶマーヤを取り囲むように、ヒートアップした観客も口々に叫ぶのを見て、痛快と思わない人間がいるだろうか。

徐々にスケール感がクアトロに広がっていく「×××××」でケイゾウ(Vo/G)は腰を落とし、彼の声色にも似たギターの音色を確かめるように弾き、ゾニー(Dr)はいつになく攻撃的な音を連打し、マーヤは時折まっすぐに観客を見ながら、三者三様のロックンロールを明示していく。

「皆さんのロックンロールの姿を今ここで見せつけてください!」と叫ぶケイゾウにマーヤがスクリームを重ねた瞬間、観客の表情が変わった。「Bang! Blues」のド派手な盛り上がりに、「Sympathy For The XXXXX」でクアトロのフロアはもちろん、階段状になったクアトロの上段の2段目、3段目が揃ってコールアンドレスポンスをするのを見るにつけ、観客が彼等にどんどん惹き込まれていくのがわかった。

煌々としたライティングの下、マーヤが歌う「GET AWAY」から続く「ルル」では、フロアのド真ん中にドラムセットが降ろされ、ゾニーのシンバルが空気を震わせていく。「クアトロ、2019年で埋め尽くせ、高みの見物なんかするな!ロックンロールを触れ!ロックンロールを回せ!」マーヤの渾身のスクリームに、ライブの頭には様子を伺っていた観客が次々とフロアに駆け下り、2段目、3段目が次第に空っぽになっていく。初詣に行くよりいいことあるぜ、と叫ぶマーヤとフロアの観客が残る上段を追うように見やると、最後まで残っていた客が足早に降りていった。

2019年元旦、密集するクアトロのフロアの真ん中にキングブラザーズがいて、観客は笑顔で彼等を取り囲んでいた。21年目のキングブラザーズの求心力をまざまざと見せつけられた圧倒的なライブだった。

【お知らせ】
2019年1月13日(日)、当サイトの開設1周年を記念して、渋谷でDJ&取材成果の展示イベントを開催します。キングブラザーズ写真展示も行います。1日限りの開催ですが、お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りください。

詳しくはこちらの記事をご覧ください

【LIM PRESS NEWYEAR MEETUP】
https://limpress.com/news/5726

<SET LIST>
1.マッハクラブ
2.×××××
3.Bang! Blues
4.Sympathy For The XXXXX
5.GET AWAY
6.マッハクラブ

▼KING BROTHERS | 記事一覧
SMASHING MAG アーカイブス

Text by TOMOKO OKABE
Photo by TOMOKO OKABE